リーダー・イン・ミー

「リーダー・イン・ミー」は子どもたちのリーダーシップを育み、
生き生きとした学校文化を築きます。

「リーダー・イン・ミー」の目的は大きく2つあります。一つは学校改革、もう一つは21世紀を生き抜く子どもたちが自ら考え行動し、他者と協働してより大きな成果を生み出せるような「人間力」を養うことです。

①学校改革

「リーダー・イン・ミー」は、どんな学校においても共通の課題や目標となる「リーダーシップ」「文化の創造」「学力向上」の3点において、その効果を高めることを目的に設計されています。

②子どもたちの「リーダーシップ」を育む

「7つの習慣」を活用し、21世紀を生き抜くために自ら考えて行動できる「自己リーダーシップ」を開発し、その上で他者と協働できる「人格」を育むプログラムです。

リーダーシップの発揮

  • 自己肯定感
  • 自己有用感
  • 個人におけるリーダーシップの発揮
  • グループにおけるリーダーシップの発揮
  • 21世紀のライフスキル

文化の創造

  • 学校への所属意識
  • 学校での貢献・取り組み
  • 学校や友達に与える自身の影響
  • クラスメイトとの関わり
  • 教職員との関わり

学力向上

  • 学習目標の設定
  • 習慣的な学習への取り組み
  • 学習に対するモチベーション
  • 成長マインドのあり方
  • 課題解決能力

「7つの習慣」をベースとした学校改革プログラム「リーダー・イン・ミー」は、「すべての子どもはリーダーになれる」という方針のもと、単に人を導く「リーダーシップ」だけでなく、自分で考え主体的に行動する「リーダーシップ」の能力を学校全体で育成し、「一人ひとりがリーダー」となる文化を形成します。

またこのプログラムは子どもたちだけのためのものではなく、教職員、保護者の意識改革や学校の課題解決を目的として導入することで、現在、学校が取り組んでいるプログラムや授業をより効果的に実施できるようになります。 その結果として、学業への効果はもちろん、学校規律の改善、非行の減少、教職員のモチベーション向上や保護者の積極的な関与などさまざまな成果につながります。その理由の一部をご紹介させていただきます。

①教職員、児童・生徒の「異なるものの見方」

リーダー・イン・ミーでは、すべての子どもには才能があり、すべての子どもがリーダーである、という見方に基づいています。こうした見方を教職員、保護者、そして子どもたち同士が持つことで、一人ひとりがお互いの価値と才能を高め、互いに可能性を引き出します。

②まず「自分」から変わる

リーダー・イン・ミーでは教職員が子どもに「7つの習慣」を教える前に、まず教職員自身が「7つの習慣」を学び、模範となる姿勢を示します。教職員がまず変わることで、子どもたちの変化をもたらします。最初に教職員が、その次に子どもが、そして保護者、地域が変わっていく「インサイドアウト」のプログラムです。

③「7つの習慣」の共通言語

「7つの習慣」を通し、教職員、子ども、保護者との間で共通言語が生まれます。例えば、「大事なことから今すぐに」「わかってあげてからわかってもらう」「自分で考えて行動する」「シナジーを発揮する」などの言葉と意味をお互いが理解しています。このような共通言語があることで、効果的な声かけや指導に繋がります。リーダー・イン・ミーの学校では、子どもたち同士や家庭での会話で、「今のはWin-Winだったよね!」「パパ、反応的になってるよ」などという言葉が聞かれます。

④学校のあらゆる場面で

リーダー・イン・ミーはイベントではありません。カリキュラムでもありません。あらゆる場面でのリーダーシップ育成です。時間割の授業に組み込まれる指導の他に、教職員はあらゆる場所で、あらゆる時間にリーダーシップの育成を行います。他教科の指導、イベント、ホームルームの時間、給食の時間、子どもとの会話、連絡帳への記入など、様々な場面で活用します。リーダー・イン・ミーを導入している教職員はこう言います。「リーダー・イン・ミーはやることが増えるのではないんです。今やっていることをよりよくする方法なんです。」「子どもたちが主体性を発揮し、自ら考えて行動するため、以前よりも指示や指導が減りました。」

リーダー・イン・ミーの対象は?

幼稚園から高校までの学校が対象です。公立学校、私立学校、どちらでも可能です。

リーダー・イン・ミーは誰が教えるの?

学校の教職員(担任)が教えます。まずは教職員自身が「7つの習慣」を学び、実践し、そして教えることでより深く内容を理解できます。

日本では何校が導入しているの?

2020年度現在で、31校が導入しています。小学校で導入されることが一番多く、23校が公立小学校 です。

テキストはあるの?/研修はあるの?/リーダー・イン・ミーを導入するには?

こちらの質問は「リーダー・イン・ミー 導入方法のご紹介」でご確認ください。

リーダー・イン・ミー 導入方法のご紹介


リーダー・イン・ミー誕生の経緯

リーダー・イン・ミーは、1999年、ノースカロライナ州のABコムス小学校が、学校存続の危機に迫られたことから始まりました。ABコムス小学校のミュリエル・サマーズ校長先生は、学校を存続させるため、保護者や教職員、地域の人々にどんな子どもになってほしいかを調査しました。

その結果、テストの点数といった学力向上よりも、人間として豊かな総合的な力を持つ子どもに育ってほしいというのが、ほとんどの人の望みでした。サマーズ校長はスティーブン・R・コヴィー博士の講演会に参加した際、このみんなが望む力は「7つの習慣」で身につくと確信しました。サマーズ校長は学校のテーマを「リーダーシップ教育」と掲げ、「7つの習慣」をカリキュラムとしてではなく、学校のあらゆるところで実行し、既存カリキュラムや文化に融合させていきました。

7年後の2006年、ABコムス小学校は全米でNo.1のマグネットスクール(魅力的な特別なカリキュラムなどを持ち、郡や市、学区あるいは周辺地域に至る広範囲から子どもたちを引きつけるような学校)となり、この教育モデルは他の学校、地域、海外へも広がり、大きな成果を生むこととなりました。

2008年、スティーブン・R・コヴィー博士は、『The Leader In Me』(日本語版タイトル『リーダー・イン・ミー』)を出版しました。この本ではリーダーシップ教育のモデルの先鞭をつけた学校やその成果について語っています。


リーダー・イン・ミー
スティーブン・R・コヴィー著

リーダー・イン・ミー導入校
世界約60ヶ国、4000校以上

地図
*ライトハウススクールとは、リーダー・イン・ミー実践校として一定の基準を満たし、認定された学校のこと。


日本のリーダー・イン・ミー導入校の取り組みの様子

授業風景

▲3年生の授業では「自分も相手も大切にする接し方」(第5の習慣)をテーマに「相手を大切にすることは相手の話をしっかり聴くことや上手な伝え方をすること」と学びました。児童からは「相手の目を見て話す」「あったか言葉を使う」など、具体的なアイディアが挙がり、これから実践していくことになりました。

日々の活動

▲「信頼貯金通帳」を活用し、自分の行動や発言が、相手にとって貯金になったか=「預け入れ」になったか、または「引き出し」になったかを振り返ります。

▲様々なリーダー活動の様子。挨拶リーダーは児童の登校時に外に立ち、みんなとハイタッチをしながら元気に出迎えます。話し合いリーダーは発表の際の注意点を伝えたり、指名をして授業の進行を助けます。来客時に、学校の取り組みの様子を映像を用いて説明するリーダーもいます。

学校環境

▲リーダールーム

リーダールームには、どんなリーダーがいるかを紹介するコーナーやこれまで学習してきたリーダー・イン・ミーの内容を振り返ることができるコーナーがあります。また子どもたちがリーダーシップを発揮している時の写真なども掲示されています。

リーダーシップデー

▲リーダーシップデー

リーダー・イン・ミーの授業見学や子どもたちによる学校案内の他、自分たちがリーダーとして、日々どのような活動をしているのかを紹介してくれました。「元気リーダー」「挨拶リーダー」「ピカピカリーダー」「もぐもぐリーダー」など、学年の枠を超えてたくさんのリーダーがいました。

行事(卒業式)

A小学校では卒業式の運営を児童が中心となって行いました。この運営は「やりたい」と手を上げた児童中心に行なったため、普段から生徒会などで表舞台に立つ機会の多い児童ではなく、意欲のある児童が率先してリーダーとなったことより、教職員は「だれもがリーダーになれる」意味を改めて実感していました。

司会・進行リーダーを4名の児童が希望しましたが、卒業式の司会枠は2名だったため、残りの2名は入学式で司会を行いました。

▲司会・進行リーダー

▲保護者受付リーダー

▲扉の開閉リーダー

▲案内リーダー

地域交流

「B小まつり」の代表委員会の児童が司会を務め、会を進行しました。この日は、地域の方々も集まり、お祭りで必要な準備物や連絡事項を説明ました。

保護者との連携

▲日本橋小中一貫校の「校長だより」

▲保護者講演会

保護者の方々に「7つの習慣」とは何か、リーダー・イン・ミーで子どもたちが何を学んでいるのかをお伝えします。子どもたちの「7つの習慣」の実践やリーダーシップの発揮を家庭で応援していただくとともに、家族も一緒に実践し、互いに学び合い、成長し合える環境作りを目指します。

学習指導要領での活用

▲研修主題「主体的・対話的に育む」授業づくり 〜「リーダー・イン・ミー」を通して(*導入校による作成)